狛犬軒

狛犬などの想像、伝説上の生き物の石像を中心にした写真と不定期雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿 花園稲荷の狛狐



花園神社の奥にある花園稲荷の狛狐です。
お稲荷さんの狐はなかなか不気味な雰囲気を漂わせているものが多かったりする印象があるのですが、ここの狐はなかなかかわいい…と思います。

hanazono05.jpg

どちらにも子供が寄り添ってます。

さきほどお稲荷さんの狐に不気味な雰囲気のが多い…と書きましたが、
多分個人的に石の質感と赤い布の取り合わせがちょっと苦手なのかもしれません。
赤い前掛けをしたお地蔵さん、子供の頃怖くてたまりませんでした。

今でも夜のお地蔵さんとお稲荷さんは若干苦手です(笑)。
ここの狛狐は赤い前掛けをしていないので平気です。


#############################
珍しく日記欄をば。

昨日は平日なのに渋谷のO-EASTにライブを見に行ってしまいました。
MEWというデンマークのバンドです。
透き通った歌声と、繊細でなおかつ激しさを併せ持つ楽曲が最高でした。
サマーソニックでも彼らの演奏は見たのですが今回はよりバンドとしてまとまっていたようです。

スポンサーサイト

新宿 花園神社の唐獅子像



花園神社の秘密兵器(?)、金網に覆われた銅製の唐獅子像です。
新宿区の指定有形文化財になっている為の処置と思われますが、
檻に入った野獣のような荒々しさが感じられ、なんか良い感じです。

ただ、写真撮るにはすごい邪魔なんですが…。

hanazono03.jpg

阿のほうも良い感じです。
ピントがいまいちでしたが…。


hanazono07.jpg

いい面構えです。


hanazono04.jpg

離れるとちょっと動物園風味ですが…。

江戸末期の鋳工、村田整という人の1821年(文政四年)の作品です。



新宿 花園神社の狛犬



新宿では結構有名な神社と思います。
それにふさわしいオーソドックスで力強い、いわゆる二枚目な狛犬ですね。
こちらは珠というよりは毬?といった感じの球体を持っています。
何か意匠的に狙いがあるのでしょうか?
hanazono.jpg

相方の阿は子供を抱いています。
ちょっと思春期に入ったかのような難しい顔をした子供ですが…。

珠(球体)と子供を持つというこれまたオーソドックスな様式の狛犬が護る花園神社ですが、その奥にはまだまだ秘められた(?)ものがありました。
花園神社編次回に続きます。


横浜 関帝廟の狛犬(石獅)

yokohama03.jpg

久しぶりに日本の狛犬(でも実は中国様式ですが…)に帰ってきました。
横浜中華街の関帝廟を守る狛犬です。
関帝廟は一度火事で焼失しており、その焼け跡から掘り出されたものを再び安置したらしいです。台湾から取り寄せた石を、鎌倉の石匠が彫ったものだとか…。

写真を撮った日は横浜スタジアムで横浜ベイスターズ対ヤクルトスワローズ戦を見た帰りでした。
代打内川の劇的な逆転3ランホームランで試合は横浜の快勝。
いい気分での撮影です。

ちょっと雨模様だったので携帯カメラでの撮影は微妙でしたが…。

yokohama02.jpg

抱いた子供がかわいいです…。

アメリカに発つ前に狛犬が手に持っている物を考察してみる…といいましたが、今回の彼らは阿吽の阿がお金のついた珠を持ち、吽のほうが子供を抱いています。
このあたりのことはこちらからリンクもさせていただいている狛犬天国さんが詳しく解説しているのですが、やはり珠、子供というのは定番みたいです。
では、10月にアップした日本橋の狛犬の彫刻が手に持っているのはなんでしょう?ということになりますが、なんと、…東京都のマークではないか?という説が出ています。
果たして、真相はどうなのでしょう?

サンタモニカ ベニスビーチの案山子



ちょうど行った時期がハロウィンだったので、こういうものを見つけることができました。
行った順序で言うとサンタモニカのほうが先ですが、あまりにも狛犬軒的なネタが無かったので、こういった形でUSA編の総集編的最終回とさせていただきます。ま、たまには風景写真も…ということで。

aw1_0072.jpg

サンタモニカのホテルです。

aw1_0073.jpg

なかなかこうやってみると味があるのですが…
やはり中はお見せできません。

aw1_0058.jpg

ホテルの表の通りです。

aw1_0057.jpg

木、高いです

aw1_0056.jpg

すごく高い…。

aw1_0130.jpg

着いてすぐなので時差ぼけ気味でした。

aw1_0297.jpg

ただの信号が結構味あったり…

aw1_0289.jpg

夕陽は…そりゃきれいでした。

実はいろいろと辛い旅だったのですが…ま、今度は完全遊びで行きたいです。

ラスベガス MANDALAY BAYのサラマンダー



エジプトネタの宝庫だったピラミッド型豪華ホテル、LUXORの向かいに面したこれまた豪華なホテル、MANDALAY BAYの正面玄関を守るドラゴンの像です。
仕事でラスベガスの街を巡っていたときに目にして一目ぼれしてしまい、いつかカメラに収めてやろうと思っていましたが、結局その機会が訪れたのは最終日、隣のLUXORでみんながカジノに興じているときでした。

P1030299.jpg

まあ自分もしっかりカジノではポーカーやってましたが…w。
10ドルほど勝ったところでこの機会を逃しては…と外へ。

P1030285.jpg

昼の姿も収めたかったところです。
こんな感じに…まさに狛犬のように対になって門を守っています。
背中を向け合っている配置はちょっと違いますが…。

ラスベガスの街中には他にも色々と面白いものがありました。

P1020362.jpg

MGMのでっかい金ぴかのライオンです。
狛犬軒…的にはこっちの方がらしかったかもしれませんね。

P1010388.jpg

空港ではひび割れたウサギがお出迎え…。
ちょいキモイんですが…汗。

P1010405.jpg

泊まったホテルの向かいにはハードロックカフェが…。
もちろん泊まったのはハードロックホテルではありませんでした…。
うーん、せっかくラスベガスにまで行ったらもう少しリッチなホテルに泊まりたかったなあ…。

ラスベガス LUXORのアマゾネス



LUXORにはこんな色っぽい(?)像もありました。
多分エジプトとは何の関係も無いと思うのですが…汗
(若干兜のデザインがそれっぽいのでしょうか?)

ま、狛犬でも幻獣でもないですがたまにはこういったお色気ものも…。

P1030223.jpg

相棒です。クリックすると大きくなりますのでお楽しみください。

ちょっと最近脱線がはなはだしいですが、USAシリーズはあと1、2回で終わる予定です。


ラスベガス LUXORのトート(Thoth)神



言葉の発明者であり、智慧の神。
鴇の顔を持つ姿であらわされるときと狒狒の姿であらわされるときがあるらしいです。
この場合狒狒の姿に見えるのでこの像はトート神ではないかと思ったわけですが…。
詳しい方のフォロー待ちたいと思います。
(あ、自分でも調べます…汗。)

P1030278.jpg

こんな姿でオベリスクに張り付いています。
このオベリスクはホテルの外にそびえ立っています。

ピラミッド型の超豪華ホテルLUXORの中の様子です。

P1030213.jpg

ピラミッドの内壁が、ホテルの部屋になっているようです。

P1030211.jpg

文脈から察せられるように。我々が泊まったのはここではありません(涙)。
みんなカジノのスロットにお小遣いを吸収されていきました…。

ラスベガス LUXORのバステト神



猫または雌ライオンの顔を持つバステト神…だと思います。
エジプトは猫を飼う…という習慣の発祥の地らしく、猫の姿をしたこの神
(女神らしいです)も大変人気が高いとか…。
(後ろに見える人間体のアヌビス神がなんかおちゃめですね…)
P1030234.jpg

これはおそらく雌ライオンバージョン…でしょうね。




ラスベガス LUXORの羊頭スフィンクス



羊頭スフィンクスは命を司るアメン神と太陽神が結び付いたアメン・レー神の化身です。
王を守っている意匠で、かなりの力のある神のようです。

P1030257.jpg

実際のLUXOR(ルクソール)神殿にも、この羊頭スフィンクスが並んでいたらしいですね。

P1030254.jpg


レプリカとはいえ存在感あります。

ラスベガス LUXORのアヌビス神



LUXORは古代エジプトをテーマにした、1993年オープンのラスベガスを代表するデラックス・ホテルです。ホテル内のいたるところにエジプト彫刻のレプリカが飾られています。

今回紹介するのはジャッカル(または黒犬)の姿をした神アヌビスの像です。
ホテルの玄関に鎮座してます。
本来は墓の守護者らしいですが、玄関に左右に対になって配置されている姿はまさに狛犬…。
ここのホテルのレプリカの中では一番のお気に入りなので最初に紹介することにしました。

P1030243.jpg

さて、というわけで無事にアメリカから帰って来ました。
ちょっと仕事がハードスケジュールだったのと飛行機が狭くて長くて辛かったのと税関で機材をパクられたのとホテルがぼろくて食べ物が…だったことを除けばおおむね楽しい旅でした。
今日からしばらく番外編でアメリカで発見した変な像を紹介したいと思います。
…由緒正しい彫刻のレプリカなので変な像などといっては失礼なんですがやっぱりここは
「おい!ここはアメリカだろう!」と突っ込むところです。
ラスベガスは概ねそんな感じの街です…。

P1030269.jpg

突っ込みどころ満載のLUXORのピラミッド、そしてスフィンクス。
P1030307.jpg

でもまあ、やったもん勝ちですね。

 | HOME | 

Calendar

« | 2005-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

■狛犬関連サイト■

SHI-SA- blog☆
コマゴマ~狛犬23区 ババチャリ行脚
狛犬と愉快な仲間たち


きつねワールド


■管理人RISEROSSの別ブログ■
BISTROCK!!
音楽、バンド活動に関してのブログです。

■広告スペース■


■ランキング■
※よろしかったらクリックお願いします。

みんなのプロフィールSP
ブログランキング

Appendix

RISEROSS

RISEROSS

ロック、アート、妖怪、怪獣、野球好きです。好きなチームは横浜ベイスターズです。
とりあえずここでは狛犬マニア目指して精進します。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。